Column コラム

建設業の労働生産性は低い…よりよい未来に必要なIT化

2022.03.04

コラム

労働生産性を低水準のまま放置していると、多人数の離職を招きます。

労働生産性とは、従業員一人一人の労働効率を推しはかる指標です。

数値が低いということは、仕事の効率の悪さを示しています。

特に建設業は、業界全体で労働生産性が低い傾向にあります。

しかし、「自社も他社も条件は同じ」「低水準なのは仕方ない」などと、思ってはいけません。

 

効率が悪い状態での仕事は、長く続けられません。事業において、マンパワーは重要です。

仕事の効率が悪くなると、業務の辛さから人材が離れ、会社への大きな損害へと繋がるでしょう。

 

労働生産性は、IT化へのシフトによって上げられます

より働きやすい会社を目指して、効率の良い仕事をしましょう。

 

\\ 関連記事 //

労働生産性とは?

労働生産性とは、従業員ひとりがどれだけの価値を生産したかの値です。

会社の事業が生み出した利益のことを「付加価値額」と言います。

「付加価値額」を「従業員数」と「労働時間」で割って、算出された数値が「労働生産性」です。

計算式は以下の通りです。

付加価値労働生産性 = 付加価値額/( 就業員数 × 労働時間)

計算式から、利益に対して多くの人が長時間働いていると、労働生産性が低くなることがわかります。

建設業の労働生産性が低い理由

建設業は、「人手」と「時間」を要する業務が多い事業です。

そのため、労働生産性が業界全体で低くなりやすいのです。

建設業は、大きく分けて施工業務と事務業務の2つから成り立っています。

それぞれ、以下のようになりがちです。

  • 施工業務:大人数の労働が必要
  • 事務業務:長時間の労働が必要

上記について、感覚的に分かっている人も多いでしょう。

しかし労働生産性を上げるには、「人手」と「時間」が必要な理由を、具体的に知らなければなりません

急ぐ工事は人海戦術

施工業務に人数が必要なのは、工期を遅らせないためです。

工事に大切なのはスピード感です。

大量の人出を使ってでも、できる限り工程に影響を出さないことが求められます

鉄筋工事と型枠工事は特に労働生産性が低い

特に労働生産性が低いのは、「鉄筋工事」「型枠工事」です。

鉄筋工事も型枠工事も、基礎に関わる工事です。

基礎の工事が終わらなければ、他の工事に取りかかれず、全体の遅れに繋がります。

人手は大事?

工程を遅らせないためには、人手を揃えることです。

多人数が一斉に業務を行うことで、早く作業が終わるのです。

しかしスピードと引き換えに、従業員の数は膨れ上がり、労働生産性は落ちていきます。

事務業務には終わりがない

事務業務に時間が必要な理由は、単純作業ではないからです。

建設業において事務業務は、受注前から竣工後までずっとついて回る業務です。

工務店やゼネコンを例にすると、以下の事務業務が代表的です。

  • 受注前:積算及び見積の書類
  • 受注後:設計図書・確認申請関係書類作成
  • 施工中:各種工事手続き・施工図作成・工程表作成・施工記録
  • 竣工後:工事完了届・竣工書類

上記はごく基本的なもので、実際には他にも事務業務は発生します。

いずれの書類にも提出の締め切りがあり、作成が遅れると、後の工程が後ろにずれ込んでいきます。

事務作業は人数ではない

早く済ませようとしても、人数には頼れません

建設業における事務業務は、物件のことを把握し、考える力が要求されます。

対応する人によって業務の完成度が大きく違うので、手が空いている人がこなすというわけにいかないのです。

結果として工期に遅れが出ないよう、労働時間を伸ばして補填を行うことになり、労働生産性が低下します。

労働生産性を上げるには

労働生産性を上げるには、マンパワー以外の力を有効に使わねばなりません。

人数任せ、残業任せに業務を行うと、労働生産性は低下する一方です

現代は情報化社会です。

少人数で、あるいは短時間で業務を終わらせるツールは、探せば多様に見つかります。

建設業にはIT化が必須

建設業は、従事者の高齢化も相まって、業界全体でアナログ思考が強いのも特徴です。

「今更新しい方法を覚えるより、従来の方法で仕事がしたい」という人が、非常に多いのです。

労働生産性の向上には、IT化に難色を示す業界の雰囲気を知った上で、現在の環境を変える決断力が要求されます

建設ロボットの導入

建設ロボットは、施工業務の人数を削減し、労働生産性を向上させてくれます。

施工業務の中には、単純な作業も多く含まれます。

難しくはないが、何度も繰り返しやらねばならない作業の時は、建設ロボットの出番です。

ロボットの強みは、耐久力

同じ作業が続いても集中力は切れませんし、力やスピードは常に一定です。

例えば、鉄筋の結束作業などにロボットは有効です。

単純作業であり、要求される作業回数が多いです。

屋外工事で、夏や冬など気候が厳しいときでも、パフォーマンスが変わりません。

長時間労働もお手の物です。

掃除に人手を使わなければ現場が楽

他に、掃除用のロボットも開発されています。

掃除は難しいことではありませんが、特に大きな物件の工事中は、その掃除だけで大きな労力を割かれてしまいます。

さらに一度行えば終わりというわけではなく、断続的に必要な作業です。

掃除に人手を割かなくて良いとなれば、現場は楽になります。

建設ロボットの価値は高い

台数の分だけ、人数が増えたのと同じこと。

そのような働きが期待できるのが、建設ロボットです。

IT化を利用した事務業務

事務業務の労働生産性の向上にあたって、時短の方法の検討は常に欠かせません。

事務業務は、受注から竣工後まで、ずっとついて回ります。

だからこそ効率的にこなせれば、物件ひとつごとの労働時間がぐんと削れます

考える仕事にシフトする

事務業務において、かけて良い時間は検討に対する時間です

業務に必要な情報をインプットする時間。

そして検討結果を書類などにアウトプットする時間は、短ければ短いほど良いのです。

作業に割いている時間は、もったいないものと心得ましょう。

会社に最適な資料作成方法とは

資料作成の方法は、自分の会社に最適化されたツールを使用している状態が理想です。

会社に合致したツールを使用しなければ、作業時間が伸び、労働生産性が下がります。

作業中に「ここの部分の作業が面倒だな」と思ったのであれば、正に現在、効率が悪い仕事をしているという証拠です。

ソフトを変更する

使用しているソフトの設定を変える。

あるいは全く新しいソフトなどが無いか、探してみましょう。

他社と同じである必要性はありません。

自分の会社にとってどれが良いのか、考え続ける姿勢が大切です。

情報収集の新しい形

事務業務の前段階である情報収集でも、IT化で労働生産性の向上をはかれます。

特に、現場の状態を遠隔から知るという点において、現代は色々な手段が取れます。

おおまかな現地の状態が知りたいと思えば、Googleのストリートビューで、ある程度のことは確認できます。

施工現場にカメラを置けば、現場を不在にしていても、施工状況が確認できます。

移動時間を削る

建設業において現場の確認は確かに重要です。

しかし現場までの往復時間は、割かなくてよい時間です。

情報が欲しいときこそ、慣れた方法に飛びついてはいけません。

最速の方法は何か、今一度検討してみましょう。

熟練度の均一化

誰でも同じようにツールが使える状態は、理想であると同時に困難なことです。

同じ会社、同じ部署なのに、Aさんはこのソフトが使えて、Bさんは使えない。

このような状況では、せっかくのツールも無意味になってしまいます。

人によって熟練度が違う

実際は、使えないとまで言えることはまれです。

しかし、人によってツールの熟練度が大きく違うという状態は、様々な会社で見受けられます。

特に事務業務のツールに関して、この傾向が顕著です。

施工業務は、同じようにツールを使わなければ品質に差が出る場合があります。

それでは仕事に支障が出ますので、施工業務ではツールに対する熟練度はさほど大きくありません

熟練度の差を把握する

対して事務業務の多くは、同じようにツールを使えなくても、時間をかければ同じ結果が出せます。

そのため熟練度の差を、そもそも認識できていない場合も多いのです。

社内でセミナーを行うなどして、ひとりひとりの熟練度に気を配ること。

そして、誰でも同じレベルでツールを使いこなせるようになることは、労働生産性の向上におおいに役立つでしょう。

まとめ

労働生産性の向上とは、従業員の待遇を改善することです。

会社を支えているのは従業員です。

効率の悪い仕事は、その従業員を必要以上に疲弊させ、離職を加速させているのです。

 

たとえ現状で業務が回っていても、安心の根拠にはなりません。

大勢の従業員が長時間働き続ける状況では、遠からず息切れする日がやってきます。

 

労働生産性を、単純な数字の問題と考えるのは間違いです。

会社と従業員の未来を左右する指標だと捉え、数年先、数十年先を見据えて会社を育てていきましょう。
 

デキる会社の手法を
カタチにしました

 

デキる会社の営業手法や顧客管理手法をまとめた小冊子を無料プレゼント!

  • 顧客への営業方法をもっと知りたい
  • 自社顧客リストをもっと活かしたい
  • 業績をもっと伸ばしたい

次にデキる会社になって、売上を圧倒的に伸ばすのはアナタの会社です。

 

\\ 関連記事 //

資料請求
はこちら

お問い合わせ・資料請求

TEL.078-393-8585

平日10時から18時(日祝定休)