Column コラム

ガントチャート工程表とは|具体的な作成のコツも徹底解説

2023.01.04

コラム

「工程表の中でもよく耳にするガントチャート工程表ってなんだろう……」こんな悩みはないですか?

本記事ではガントチャート工程表を詳しく解説しています。

この記事を読めば具体的な作成のコツも学ぶことができます。

ガントチャート工程表とは

ガントチャート工程表とは|具体的な作成のコツも徹底解説【画像①】

ガントチャート工程表とは、作業の進捗状況が一目でわかる工程表です。適切な工程管理を目的として用いられます。

ガントチャート工程表の特徴は、作業の段取りが項目別にまとめられていることです。

工事計画の全体像が把握しやすくなっており、一目で工事の進捗状況の把握が可能になります。

例えば「いま、何の工事がどこまで進んでいるか」「どの業者が何の作業を担当しているか」などの情報がわかります。

さらにガントチャート工程表は、複数の作業を同時並行で進めるときに活用される工程表です。

ガントチャート工程表のメリット

ガントチャート工程表のメリットは以下の3つです。

  • 工事全体像を見える化できる
  • トラブルや遅れにすぐにわかる
  • 工事の管理がしやすくなる
ガントチャート工程表のメリット①:工事全体像を見える化できる

基本的に工事は、複数の工事関係者と協力して進めます。

ガントチャート工程表があることで、工事関係者全員に対して、工事全体の流れを分かりやすく共有できます。

「どの工程をどの業者が行うのか」をお互いに把握しておくことで、現場でのコミュニケーションも取りやすいです。

ガントチャート工程表のメリット②:トラブルや遅れにすぐにわかる

トラブルや遅れにすぐわかります。

なぜかというとガントチャート工程表で進捗状況を可視化できるからです。

早く気づくことで工程調整をでき支障を減らすことができます。

ガントチャート工程表のメリット②:工事の管理がしやすくなる

ガンチャート工程表を使うことで工事の管理がしやすくなります。

進捗状況が可視化されるので工事担当者が管理しやすくなります。

工事担当者はトラブルや遅れなどがないか工程表と照らし合わせることで問題を事前に防げます。

ガントチャート工程表のデメリット

ガントチャート工程表のデメリットは以下の2つです。

  • 工数がわかりづらい
  • トラブル対処でガントチャート工程表を作り直す必要がある
ガントチャート工程表のデメリット①:工数がわかりづらい

各工程の粒度が高ければ、実際に必要な工数が担当者には分かりづらくなってしまうことがあります。

担当者が作業に取りかかるタイミングで、実際に必要な工数の多さに気づき、期限に遅れるといった事態があるからです。

ガントチャート工程表のデメリット①:トラブル対処でガントチャート工程表を作り直す必要がある

問題の対処でガントチャートを組み直す必要があります。

工事完了に必要な工程が増えたり、そもそもの工程が変更されたりといった事情で、ガントチャートを組み直さなければならない場面もあります。

具体的には以下の3つがよくあげられます。

  • 施主からの追加工事
  • 仕様の変更
  • 検査後の工事内容変更

バーチャート工程表とガントチャート工程表の違い

基本的にバーチャートとガントチャートの違いは、横軸の数値の違いだけであり、横軸以外の機能面や特徴はほぼ同等と考えて問題ありません。

建設現場においても、バーチャートとガントチャートを明確に使い分けて工程管理を行なっている例は少なく、どちらも工程管理における作業の進捗状況を把握する目的で使われています。

ガントチャート工程表を作成する際のコツ

ガントチャート工程表とは|具体的な作成のコツも徹底解説【画像②】

ガントチャート工程表を作成する際のコツは以下の4つです。

  • 余裕を持った期間を設定する
  • 情報を詰め込みすぎない
  • 工事内容をまとめてから作成する
  • 他の担当者と話し合う

ガントチャート工程表作成のコツ①:余裕を持った期間を設定する

ガントチャート工程表を作成する際は余裕を持った期間を設定しましょう。

なぜなら現場工事はイレギュラーなことが多いからです。

具体的には以下のことがよくあります。

  • 天候より工事中止
  • 現場事故により工事中止
  • 追加工事により工事期間の変動

現場工事は最初に組んだ工程どうりに工事が行くことはまずありえません。

1つの作業が遅れると全工程もそれに伴って遅れることになるので余裕を持って期間を設定しましょう。

ガントチャート工程表作成のコツ②:情報を詰め込みすぎない

ガントチャート工程表を作成する際は情報を詰め込みすぎないようにしましょう。

作業漏れの防止やより正確なスケジュール設計のために情報を詰め込みすぎると、作業状況の更新・チェック工数が増えてしまいます。

ですので、似たような作業や担当者が同じものなど、まとめられるものがあれば工夫しましょう。

ガントチャート工程表作成のコツ③:工事内容をまとめてから作成する

事前に工事内容をまとめてから作成しましょう。

まとめてから作成することによって工事の抜けや工数の見落としを防ぐことができます。

具体的には施工計画書をもとに各工事期間と工数を紙に書き出してから工程表を作成しましょう。

そうすることで見落としを防ぐことができます。

ガントチャート工程表作成のコツ④:他の担当者と話し合う

ガントチャート工程表を作成する際は他の担当者と話し合って決めましょう。

現場は基本的に工事場所ごとに担当者がいます。

それぞれの担当者ごとの意見をもとに工程表を作成することでみやすい工程表が完成します。

具体的に工程打ち合わせするタイミングは以下の通りです。

  • 昼の打ち合わせ
  • 定例会議の後
  • 担当者が集まるイベント時

いきなり打ち合わせを開始すると予定が合わない可能性があるので、事前にアポイントをとっておくのがポイントです。

ガントチャート工程表を作成する際の注意点

ガントチャート工程表とは|具体的な作成のコツも徹底解説【画像③】

ガントチャート工程表を作成する際の注意点は以下の3つです。

  • 完璧を求めすぎない
  • 作成に時間をかけすぎない
  • 修正可能な状態にしておく
  • 印刷して確認する

ガントチャート工程表作成の注意点①:完璧を求めすぎない

ガントチャート工程表を作成する際は完璧を求めすぎないようにしましょう。

なぜなら現場工事は変動するから完璧に細部まで書いても変動するからです。

1つの工事期間にゆとりを持って工程表を作成すると工事がずれても現場に影響が出ることはありません。

ガントチャート工程表作成の注意点②:作成に時間をかけすぎない

ガントチャート工程表作成は時間をかけすぎないようにしましょう。

工程表の作成に時間をかけすぎると他のことが疎かになってしまうからです。

たとえば以下のことが時期的に疎かになってしまいます。

  • スリーブの検討
  • 原価設定
  • 職人さんの段取り
  • 施工図作成

工程表を作成する時期はさまざまなやるべき仕事があるため、工程表のみに集中していると他のことができなくなってしまいます。

ガントチャート工程表作成の注意点③:修正可能な状態にしておく

ガントチャート工程表は修正可能な状態にしておきましょう。

修正可能な状態にしておくことで現場が変動してもすぐに対応できるからです。

工程表が完成したら修正可能な状態で保存し、他の工事担当者にも共有しましょう。

そうすることで工事場所ごとに担当者を細かく分けたときに工程表の修正が簡単になり、作業効率が上がります。

ガントチャート工程表作成の注意点④:印刷して確認する

ガントチャート工程表が完成したら印刷して確認しましょう。

なぜなら職人さんは工程表を紙で管理するからです。

よくありがちなのはパソコン上で工程表を作成した際に細かくチェックしたのに職人さんに渡したら、みづらいとクレームを受けることです。

それを防ぐには工程表ができた段階で職人さんに渡すサイズの紙で印刷をし、確認しましょう。

確認すべき項目は以下の通りです。

  • 文字の大きさ
  • 文字の濃さ
  • 文字被りがないか
  • 大事な情報が消えていないか

工事現場は暗いため、文字は大きく濃くを意識して工程表を作成するとみやすい工程表ができます。

余裕があれば完成した工程表を他の工事担当者や職人さんに確認してもらうとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はガントチャート工程表について詳しく解説しました。

ガントチャート工程表のメリット・デメリットを理解することでその現場にあった工程表を作成することができます。

本記事を参考にガントチャート工程表を作成してみてくださいね。

 

SAKSAKとは?

デキる会社の経営を
カタチにしました

 

リフォーム統合管理システム「SAKSAK」はできる会社の経営管理をカタチにしたシステムです。SAKSAKを使うことで、次のような悩みを解消いただけます。

  • 粗利管理ができていない
  •  請求書の確認に時間と手間がかかる
  • 会社として顧客管理ができていない
  • 見積書作成は営業担当者の負担が大きい
  • 入金遅延や未入金・額の相違が多い  など

意外と、知られてはいませんがリフォーム業界20年という実績があるシステムです。SAKSAKを使って、利益率が5%アップした会社もあります。また、SAKSAKとともに上場した会社もあります。

次は、SAKSAKがあなたの会社をお手伝いする番です。まずは、どのようなシステムか、ご覧ください。

SAKSAKの活用シーンはこちら

 

導入事例集もありますので、こちらもご参考ください。

導入事例はこちら

 

実際に担当者からSAKSAKとはどういうものか聞きたいという方もいらっしゃるかと思います。弊社担当の天野由香よりご説明させていただく機会を設けており、以下のリンクから簡単に日程調整できますので、ぜひご活用ください!

天野とのご相談日程はこちら

 

無料プレゼント実施中

建築業、リフォーム業向けにすぐに使えるエクセル4種類のテンプレート(御見積書・工事請負契約書・工事台帳・工程表)を無料でプレゼントしております。

 

エクセル4種類の無料プレゼントはこちら

 

資料請求
はこちら

お問い合わせ・資料請求

TEL.078-393-8585

平日10時から18時(日祝定休)