Column コラム

パーティクルボードの概要や用途、メリット・デメリットについて解説

2022.10.18

コラム

DIYの素材としてホームセンターで気軽に手に取ることができるパーティクルボード。

名前は聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ボードという名称から板状の建材ということはわかりますが、

  • 「どのような特徴があるのか?」
  • 「種類や使用用途は?」 など

パーティクルボードについて熟知している方は少ないかもしれません。

この記事では、パーティクルボードの詳細やメリット・デメリットについてわかりやすく解説しています。

パーティクルボードに対する理解を深めて、現場で効果的に活用してください。

パーティクルボードとは

パーティクルボードとは木材を削った細片やチップを固めて、接着剤で圧着成型した板状の製品です。

削小片と呼ばれることもありますが、JIS A5908でパーティクルボードに統一化されています。

パーティクルとは細かい木の切れ端のことで、これらの原料をメラミン樹脂やフェノール樹脂などの接着剤を用いて木質加工品に作り直します。

パーティクルボードの誕生には次のような背景があります。

  • 廃木材や低品質素材の再利用
  • 節など木材の欠点を分解して取り除く
  • 強度アップ

写真引用元:森林総合研究所「構造用パーティクルボードをJIS規格に」より

上記のように解体で出た廃材を再利用するなど、資源の有効活用にも役立つ建材です。

木材の切れ端を接着して製造するパーティクルボードは天然の木材と異なり、自由なサイズや厚みの板を成型できます

パーティクルボードの種類

パーティクルボードには大きく分けて次の3種類があります。

  • 単層
  • 多層
  • 3層

それぞれの特徴について解説します。

単層

単層のパーティクルボードは大きさが同程度のチップ(木片)を材料として作られるボードです。

同じ大きさのチップを用いて作られるため、ボード全体の強度が均等になる特徴があります。

しかし、高密度なボードのため多層や3層のボードよりも重くなるデメリットがあります。

多層

多層のパーティクルボードはサイズの違うチップを用いて、複数の層からなるボードです。

外側の層に向かって小さなチップを用い、中心に近づくほど粗めのチップが使われています。

上記構造により、ボードの密度を抑え、軽量化や曲げ強度の向上が図れます。また、加工に優れており、家具など多くの材料として使用されます。

3層

3層のパーティクルボードは最も使用頻度の高い構造で3つの層からできています。

粗めのチップで作られた中心の層を、細かいチップで作られた層で挟み込んだ3層構造で強度が高められています。

パーティクルボードの規格(JIS)

パーティクルボードはJIS(日本産業規格)で次の規格が定められています。

  • サイズ
  • 種類
  • 曲げ強度
  • 耐水性
  • ホルムアルデヒド放散量

それぞれの規格について解説します。

サイズ

パーティクルボードのサイズはJIS規格において以前から、910mm×1,820mm(サブロク)1,210mm×2,420mm(シハチ)など数種類の標準サイズが規定されていました。

しかし、特殊なサイズの需要が増えたことを受けて、自由に組み合わせができる以下のような範囲表記となっています。

  • 厚み 50mm以上〜40mm以下
  • 幅 350mm以上〜2,100mm以下
  • 長さ 450mm以上〜6,100mm以下

上記の表記に変わったことで、幅広いサイズのパーティクルボードの使用が可能となりました。

種類

パーティクルボードはJIS規格において次の4つに分類されます。

 

種類 表裏面の状態
素地パーティクルボード 両面が素地のボード(基材となるボード)
単板張りパーティクルボード 素地ボードに単板を貼り合わせたボード
化粧パーティクルボード 素地ボードの両面もしくは片面に化粧板や合成樹脂、フィルムなどが施されたボード
構造用パーティクルボード 両面が素地のボード。構造用途で使用できる強度を持つ

家具や什器には、化粧板が貼られた化粧パーティクルボードや薄板が貼られた単板張りパーティクルボードが一般的によく用いられます。

仕上がり状態や耐久性など用途によって活用方法が異なるため、特徴に合わせて選別することが重要です。

曲げ強度

パーティクルボードは曲げに対する強度(8〜30の記号)によって分類されています。

数字が大きくなれば強度が高くなるため、使用用途に合わせて選別しましょう。

耐水性

パーティクルボードの耐水性能によって3つに分類(普通・耐水1・耐水2)されており、使用用途に合わせて使い分ける必要があります。

例えば、耐水性が低い普通タイプは家具やキャビネットに向いています。耐水1タイプは床や壁などの下地材や造作部材として、耐水2タイプは高い防水性を要する建築下地や造作材に用いられます。

ホルムアルデヒド放散量

パーティクルボードは接着剤が用いられているため、化学物質過敏症やシックハウス症候群の要因とされるホルムアルデヒドの放散量に対して規定が設けられています。

JAS規格(日本農林規格)と共通基準であり、高い順からF☆☆☆☆(エフフォースター)・F☆☆☆・F☆☆・適合なしというランクになります。

家具や什器、機密性の高い室内製品には一般的にF☆☆☆☆が採用されています。

パーティクルボードのメリット

パーティクルボードのメリットは次の通りです。

  • コストが安い
  • 反りや割れが少ない
  • 環境にやさしい
  • 遮音性・断熱性能がある

それぞれのメリットについて解説します。

コストが安い

解体などで出た廃材や低品質の素材を再利用するので、天然の素材と比べると価格が安い建材です。

大型サイズのボードを使用しても価格が低く、コストを抑えることができます。

反りや割れが起こりにくい

パーティクルボードは細かい木片を圧着して製造されているので、天然木にあるような反りや割れが少なく、加工も容易に行えるメリットがあります。

また、通気性がよくサイズの狂いも少ないため、壁や床、家具などに扱いやすく優れた建材として広く用いられています。

環境にやさしい

パーティクルボードは解体などで出る廃材を再利用して作られています。

そのため、新たに森林伐採による資材の調達や化学物質を用いることもないため、環境に配慮した建材といえます。

遮音性・断熱性能がある

パーティクルボードは遮音性や断熱性に優れています。

パーティクルボードは細かい木片やチップを圧着成型して作られているので、チップとチップの間にたくさんの空間があります。

この空間にある空気が音や熱を伝える力を弱め、遮音性や断熱性を高めています

遮音性があるので音漏れが気になる部屋やAVルームなどで活用したり、断熱性を活かして寒さ対策に利用したりなど建材として幅広く使用されます。

パーティクルボードのデメリット

パーティクルボードのデメリットは次の通りです。

  • 湿気や水に弱い
  • 釘やネジの効きが悪い
  • 長期間荷重がかかるとたわみやすい

それぞれのデメリットについて解説します。

湿気や水に弱い

パーティクルボードは木材チップを固めて圧縮成型しているため、耐久性に優れていますが、水に弱いデメリットがあります。

雨や水に濡れてしまうと劣化が進んで、カビの発生やひび割れが起きる原因となります。そのため、キッチンやバスルームなど水回りへの使用は控えた方が無難でしょう。

どうしてもパーティクルボードを使用したい場合には、耐水性を持つ合板などを貼り合わせるなどの工夫を凝らす必要があります。

釘やネジの効きが悪い

パーティクルボードは細かいチップを固めた構造のため、加工は容易ですが釘やネジの固定力が弱いという点もデメリットです。

ボードに釘やネジを打つときには、接着剤などの補強対策を施しましょう。

長期間荷重がかかるとたわみやすい

パーティクルボードは長期間にわたって負荷がかかるとたわみやすいデメリットがあります。

机や椅子、軽いものを納める家具などには問題ありませんが、長期間重いものを支える箇所への使用には不向きです。

強度を保つためには、補強材を用いるなどの対応が必要でしょう。

パーティクルボードの主な用途

パーティクルボードの使用用途について3点紹介します。

室内工事の下地材

パーティクルボードは遮音性や断熱性があり、サイズや厚みも自由に選べるので壁や天井などの下地材として最適です。

下地材には、厚みが10mm〜12mmのパーティクルボードをよく使用します。

ただし、湿気に弱い特徴があるため、湿度の高い箇所への使用には注意が必要です。

家具

パーティクルボードは作業性が良好で、反りや割れも少ないことから、組み立てタイプの家具や収納家具によく用いられます。

ただし、湿気の多い水回りへの設置や長時間重い本や荷物を収納する家具にはあまり向いていません。

パーティクルボードは湿気に弱く、長期間重みを与えるとたわみやすいデメリットがあるため、用途に合わせて使い分けましょう。

スピーカー

パーティクルボードは音響用スピーカーにもよく用いられます。

その理由として次の点が挙げられます。

  • 遮音性と断熱性に優れている
  • 内部構造の均一性が高い
  • コストも安く、大量生産できる
  • 高い制振性と堅牢性を備える

上記の特徴から、スピーカーの素材として最適です。

音響メーカーだけでなく、加工が容易な点からスピーカーをDIYされる方にもよく利用される素材です。

まとめ

この記事では、パーティクルボードの特徴やメリット・デメリット、用途などについて解説しました。

パーティクルボードは廃材などの木材チップを固めて作られるため、資源を有効的に再利用できる特徴があり今後のさらなる普及が期待されている建材です。

建築資材として下地材や足場、造作部材などさまざまな使い道や応用が利くため、使用頻度の高い建材として多くの建設現場で採用されています。

ただし、湿気に弱く、ネジや釘が効きにくい、重いものを載せるとたわむなどのデメリットもあるので特性をよく把握して使用用途を検討することが大切です。

 

SAKSAKとは?

デキる会社の経営を
カタチにしました

 

リフォーム統合管理システム「SAKSAK」はできる会社の経営管理をカタチにしたシステムです。SAKSAKを使うことで、次のような悩みを解消いただけます。

  • 粗利管理ができていない
  •  請求書の確認に時間と手間がかかる
  • 会社として顧客管理ができていない
  • 見積書作成は営業担当者の負担が大きい
  • 入金遅延や未入金・額の相違が多い  など

意外と、知られてはいませんがリフォーム業界20年という実績があるシステムです。SAKSAKを使って、利益率が5%アップした会社もあります。また、SAKSAKとともに上場した会社もあります。

次は、SAKSAKがあなたの会社をお手伝いする番です。まずは、どんなシステムか、ご覧ください。

SAKSAKの活用シーンはこちら

 

導入事例集もありますので、こちらもご参考ください。

導入事例はこちら

 

また、2022年12月末までのキャンペーンも実施中!導入企業3社様限定となっていますので、ご興味のある方はお早めにご連絡をお願いいたします。

キャンペーンの詳細はこちら

資料請求
はこちら

お問い合わせ・資料請求

TEL.078-393-8585

平日10時から18時(日祝定休)