Case 導入事例

★リフォーム統合管理システムSAKSAK【導入事例18】|株式会社匠和美建 様

2021.10.28

佐賀県に本社を構え、エリアを絞って地域に根ざした堅実な事業展開で成功をおさめられている匠和美建様。

リフォーム業では特に珍しく、残業の殆どない働き方改革を実現しつつ、社員とともにお客様満足で地域1番店を目指しておられる会社です。

|| インタビュー記事を掲載中 ||

  • 【前編】地域密着企業の戦略とは
  • 【後編】エリアを絞った戦略で大切なこととは

リフォーム統合管理システムSAKSAKの導入きっかけ

  • 「SAKSAKを使ったら粗利が上がるらしいよ!」といったのは社員でした。

匠和美建様では、当初エクセルで管理されていたそうです。

各自がバラバラの帳票を作っていたりと、多くの課題を抱えておられました。そんな時、社内のメンバーから「SAKSAKを使ったら粗利が上がるらしいよ!」と見せられた広告にあったSAKSAKのキャッチコピー「粗利管理」。

そこにピン!ときた代表の決断でご導入いただきました。

株式会社匠和美建様は、佐賀本店、福岡南店の2店舗17名体制。

リフォーム統合管理システムSAKSAKの導入効果

見たい情報を見たい時に見れるのがいいですね!

塗装から水回りメインのリフォームへと業態を変化してこられた匠和美建様。

当時は担当ごとにクセルでの管理がメインでしたが、情報を知りたくてもどの情報が正しいのかさえ分からなかったそうです。

SAKSAKは社員みんなで積極的に入力してくださるそうで、そこから抽出する情報をご活用いただいています。

また、SAKSAKで情報を一元化することで、入力や帳票作成のロスも少なくなったとのこと。

地域密着型の経営を展開しておられる今では、広範囲で動かなくてよくなったことも相まって、社員の残業が殆どなく、働き方改革も実現されているとのことです。

 

導入前は25%ほどだった粗利率ですが、導入後の現在では、30~35%と安定した粗利率で経営をされているそうで、定着のポイントをお伺いすると、「社員の主体性が全て」だそうで、スタッフに寄せる信頼の厚さを強く感じました。

「SAKSAKは見たい情報を見たい時に見ることができるシステムですね。」と嬉しいお言葉をご代表と社員様よりいただいております。

 

匠和美建様に今後の展開をお伺いしたところ、「地域に対して手厚い対応を行いつつ、社員みんなへより働きやすさを提供していきたい」と、はにかむ笑顔でお話しいただきました。

ユーザープロフィール

株式会社匠和美建 様

平成6年創業。塗装から始まり、現在では水回りリフォームをメインとした、地元に密着した一貫管理が魅力の会社です。

  • 従業員数: 17名
  • 店舗 :2店舗
  • 導入システム:SAKSAKリミテッド
  • 導入時期:2011年7月導入

(取材:2018年12月)
※データは取材時のものです。

|| インタビュー記事を掲載中 ||

  • 【前編】地域密着企業の戦略とは
  • 【後編】エリアを絞った戦略で大切なこととは
Support

お問い合わせ・資料請求

TEL.078-393-8585

平日10時から18時(日祝定休)