Case 導入事例

リフォーム統合管理システムSAKSAK【導入事例13】|株式会社福喜 様

2021.10.27

北九州市の小倉に拠点を構え、昭和28年創業、60年以上の歴史を持つ福喜さま。

ロープライスシステムを打ち出しつつ、全国リフォームデザインコンテストを10年連続受賞されるなど、高い信頼と実績をお持ちの会社です。

リフォーム統合管理システムSAKSAKの導入きっかけ

  • エクセルでは膨大なお客様の情報を、きっちり把握できなかった。

現在、北九州市を中心に2店舗を構える株式会社福喜さまですが、以前は全てエクセルで管理をされていました。

長い創業年数と共に増えた膨大なお客様の情報を、きっちり把握できていないことが大きな課題でした。

平成19年4月、たまたま参加した研修会でSAKSAKの業務フローとデモをご覧いただき「これだ!」と、即ご導入を決意していただきました。

株式会社福喜さまは北九州の曽根・守垣の2店舗11名体制。

リフォーム統合管理システムSAKSAKの導入効果

業務フローを変えることで粗利を確保。
スタッフも満足のシステムです。

以前は、情報の全てをエクセルで管理されていたため、いろいろなデータがバラバラで、「今」どうなっているのか?を確認することが難しい状況でした。

現在では複数名のチーム制を導入し、お客様や工事の担当を行っているのです。SAKSAKだと、複数の人間が同じ情報をどの場所からでも入力できるため、発注などの重複や漏れがなく非常に助かっているとのこと。

女性スタッフからも、お客様にご迷惑をおかけすることなくお休みも取れるなど、シフト管理の上でも一役買ってくれているとおしゃっていただいています。

 

また、事務方も、SAKSAKを見ればお客様の情報がすぐに分かるため、営業任せにせず、自分達で対応ができるので、お客さまからも親近感を持っていただいているとのことです。

ここで課題になるのが入力。その点でも、「SAKSAKを入力する時間を毎日必ず取る!」のが社内ルールとなっていて、上手くご活用いただいています。

 

導入後の粗利は5%以上UP。現在では、導入時は使っていなかった見積や査定機能も使い、社内の見積価格の安定も図っておられます。

SAKSAKの業務フローは仕組みを提案していると共感し、導入してから8年、今では社員みなさまからSAKSAKなしでは困ると言っていただけるほどご活用いただいています。

今後目指すところは経営理念にも掲げているように、「魅力ある住宅リフォーム会社へ全社一丸で目指す」こと。と、魅力ある社員の皆様と共に、はにかむような笑顔で語っていただきました。

ユーザープロフィール

株式会社福喜 様

創業から61年。地元で古くから親しまれる信頼と実力を兼ね備えた会社です。女性が幅広く活躍することで、きめ細やかなサービスを提供しています。

  • 従業員数: 11名
  • 店舗 :2店舗
  • 導入システム:SAKSAKスタンダード
  • 導入時期:2007年導入

(取材:2015年02月)
※データは取材時のものです。

Support

お問い合わせ・資料請求

TEL.078-393-8585

平日10時から18時(日祝定休)