Case 導入事例

リフォーム統合管理システムSAKSAK【導入事例08】|有限会社リフォームプロ 様

2021.10.26

神奈川県川崎市に拠点を構えるリフォームプロ様は、多摩区・麻生区を中心に営業エリアは半径約2kmと、超地域密着型のリフォーム会社を目指しておられます。

リフォーム統合管理システムSAKSAKの導入きっかけ

阿部社長はもともと県内のリフォーム会社でマネージャーをされていたそうですが、 常に新規客を追いかけるチラシ反響営業のスタイルに疑問を感じておられたそうです。

もっと一人一人のお客様としっかりと向き合って心のこもった仕事がしたい。」 「リフォーム工事後も長くお付き合いができる、そんなお客様との関係づくりをしたい。 という想いが日に日に強くなり独立を決意、2005年に創業されました。

独立するにあたり検討されたことの1つが「社内情報の一元化」でした。以前の会社で、 顧客管理や見積作成、工事台帳などの情報をバラバラのソフトを使って管理をして使い勝手が 悪かったことを教訓に、創業時のお客様がまだ少ないうちから一元的に管理したいと考えて、 システムの導入を検討されていたときに私たちとの出会いがありました。

SAKSAKが、顧客情報を中心に、見積作成から契約、予算作成、発注、請求・支払の管理までが 一元化できるという機能面において、阿部社長の考えておられたご要望にピッタリのシステムでした。

「スタートが肝心」ということで、創業すぐに導入していただくことになりました。

リフォームプロ様では、予算作成まではお客様担当(プランナー)、発注からは現場管理、と役割分担に応じて活用されています。

会社概要|リフォームのプロ

リフォーム統合管理システムSAKSAKの導入効果

「お客さまと一生お付き合いできる会社」の実現を目指して。

現在は、予算作成までの業務はお客様担当であるプランナーさんが、 発注からの業務は現場管理の方が行っておられますが、「見積や実行予算 と発注が連動していないと大変。SAKSAKなら情報の共有もスムーズ」と評価いただいています。

また、SAKSAKの一番のメリットは「お客様の情報をすぐに見ることができる」点だ とおっしゃっていただいています。「超地域密着型で、一人一人のお客様としっかり向き合った 仕事をする上では、顧客情報の充実と共有がカギ。」とおっしゃる阿部社長。 必要なときに必要な人が情報を閲覧できる点に利便性を感じていただいています。

今後は、阿部社長の理念である「お客さまと一生お付き合いできる会社」 実現のために、お客様のお住まいの情報をより細かく記録した『おうちカルテ』 をつくって、アフターメンテナンスの充実を図りたいと考えておられ、そのための 機能が整ったプレミアムへのアップグレードも検討いただいています。

ユーザープロフィール

有限会社リフォームプロ 様

「お客さまと一生お付き合いできる会社」を目指した、 サービスエリアを半径2kmに絞った超地域密着型のスタイルで、「地域の『健康』・『環境』に貢献できる会社」を作っていきたいと考えておられます。

  • 従業員数: 7名
  • 店舗:1店舗
  • 導入システム:SAKSAKスタンダード
  • 導入時期:2007年1月導入

(取材:2009年11月)
※データは取材時のものです。

Support

お問い合わせ・資料請求

TEL.078-393-8585

平日10時から18時(日祝定休)