Scene 活用シーン

経験の浅い営業担当者は粗利が低い

2021.10.21

工事管理編

課題経験の浅い営業担当者だと、実行予算を大きく読み違うことが多く粗利が低い。

リフォーム営業の経験の浅い営業担当者が、現地調査時や見積作成時に材料の拾い出しや工事に必要な工程を誤って、実際の工事よりも安い金額で見積書を提出してしまうことはありませんか?

また実行予算の作成時に、商品の発注を誤ったり工期を読み違えて、粗利を大きく落としてしまうことはありませんか?

経験を積むことで解消される問題ですが、新入社員を戦力化するのに時間がかかってしまいます。

解決見積書は上司に申告・承認を得てから提出、実行予算も上司の承認を得てから発注。

SAKSAKスタンダード以上のエディションには「申告・承認」機能がついています。

見積書や発注書は上司の未チェックのまま次の作業へ進めないようにすることができます。

また、SAKSAKの見積作成機能では、あらかじめ標準的な工事の単価表や見積を登録しておいたり、過去に作成した見積書を保存しておくことができます。

これにより、新入社員でも間違いのない見積書を作成することができます。

原価管理機能
予算作成から原価が確定するまでをリアルタイムで管理し、粗利が下がるポイントを把握できます。
Support

お問い合わせ・資料請求

TEL.078-393-8585

平日10時から18時(日祝定休)