Scene 活用シーン

売上や営業成績の集計に手間がかかる

2021.10.19

経営管理編

課題売上や営業成績の集計に手間がかかり、 知りたいときにすぐに見ることができない。

店長に今月の営業成績の達成度をたずねても、回答がなかなか返ってこない。目標達成状況が、知りたいときにリアルタイムにわからない。 当月の営業成績の結果がわかるのは、翌月あけてしばらく経ってから。

業者さんから請求書が上がってくるまで売上原価がわからない。
その時点になって、粗利が低いことに気がついた。業績給や歩合の計算に期間がかかりすぎる。

マネージャーは現状を正確に把握して次の一手を打たないといけないのに、このような状況では、なかなか有効な対策を立てることができません。

解決受注も売上もリアルタイムで集計ができますので、いつでも「今」の状況を知ることができます。

受注も売上もリアルタイムで集計ができますので、いつでも「今」の状況を知ることができます。

SAKSAKのデータは、入力した内容でリアルタイムに更新されていきますので、受注成績も売上実績もいつでも最新の情報を知ることができます。

受注や売上のほかにも、集客数・当月受注見込み額・契約率などの営業に関する情報、業者発注時の粗利や追加発注後の粗利などの工事管理に関する情報、入金予定や実績などの資金に関する情報も、常に最新のデータを確認できます。

経営陣は、常に最新の正確な情報をもとに、次なる戦略や対策を計画・実行することができるようになります。

営業進捗管理機能
一画面に全案件が表示できるので、進捗状況が一目で分かり案件ごとの進捗に合わせた管理を行うことができます。
Support

お問い合わせ・資料請求

TEL.078-393-8585

平日10時から18時(日祝定休)