他社にない強みを作る!インテリアコーディネーターを商品化する|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

皆様の会社には「インテリアコーディネーター」さんはいらっしゃいますか?

近年のお客様の住宅リフォームに対する要求度は非常に高くなっています。

「衣食住」すべてが快適になった世の中ですから、リフォーム会社にも「住まい」に付加価値を付けるための提案力が求められるのは自然の流れです。

またライフスタイルの多様化にともない、自分の意見・意思を明確に持ったお客様が増えています。

住宅性能や住宅設備の使い勝手の向上はもちろんのこと、住空間をより快適で豊かなものにしたいという意識が高まり、お客様ひとりひとりの自分らしいライフスタイルを実現するための提案が求められるようになりました。

中でも優れたインテリアの提案は、他社と差別化する上で非常に有効になります。

それだけに今後は、リフォーム会社におけるインテリアコーディネーターの役割がより重要になるでしょう。

目次

インテリアコーディネーターに指名が入る!ファンを増やす秘訣とは?

近年、リフォーム会社のインテリアコーディネーターの求人が増えています。

お客様の暮らしの中での困りごとを解決し、趣味・嗜好・生活スタイルにあった家具や照明、ファブリックなどのインテリアの提案ができるインテリアコーディネーターの需要は今後益々増えるものと思われます。

リフォームは本格的な増改築から、水回り設備の交換、壁材・床材の変更、間取り変更、収納の充実など、その範囲は多岐にわたります。

特に内装デザインを刷新するためのリフォームのプランニングでは、インテリアコーディネーターのセンスが問われます。

インテリアデザインが格段に優れていれば、価格競争に巻き込まれることはほとんどありません。

また特に大がかりな工事を行わなくても、ウインドウトリートメントや家具のレイアウト変更、照明器具の交換だけで部屋の雰囲気が大きく変わることも少なくありません。

お客様の要望と予算に応じたプランを臨機応変に提案できるのがインテリアコーディネーターの強みです。

リフォーム会社の中でのインテリアコーディネーターの役割は、様々な制約がある中でいかにお客様満足度の高いインテリアコーディネートの提案ができるかということです。

また間取り変更など住宅の設計も関わってくるので、インテリアコーディネーター資格に加えて建築士資格を取得していると、一層活躍の場が広がります。

さらにインテリアコーディネーターには、接客力や営業力が求められます。

どんなにインテリアの知識が豊富でも、お客様とのコミュニケーションを円滑に行うことができなければ満足度の高い提案をすることはできません。

また、お客様から選んでもらうための営業力も欠かせないでしょう。

魅力あるインテリアコーディネーターを作ること。

それは、「他社にない強み」(USP)となります。

これからは、インテリアコーディネーターにもお客様がつく時代です。

お客様からインテリアコーディネーターを指名されることも珍しくなくなると思います。

それを更に活かすことで、商品価値を高めることに繋がります。

リフォーム会社が他社と差別化するためには、インテリアコーディネーターの教育や売り込みが不可欠です。

リフォーム会社の顔になる!最強のインテリアコーディネーター育成術

しかしながら、インテリアコーディネーターの資格を持った人は世の中にたくさんいても、テレビや雑誌に出ている様なお客様からの依頼が絶えないインテリアコーディネーターは非常に稀な存在です。

インテリアコーディネーターを会社の「売り」にするためには

  • 接客力や営業力を向上させるための研修を定期的に行う
  • お客様の趣味・嗜好を把握して、センスの合うインテリアコーディネーターを薦めることで受注単価を引き上げる
  • インテリアコーディネーターごとの施工事例付き紹介資料を作成しておく
  • 会社のホームページなどでインテリアコーディネーターを紹介する
  • 建築士資格取得を奨励する

などの対策が必要になります。

またインテリアコーディネーターが社内に常駐しているのが理想ですが、すぐに採用や育成が難しい場合には、経験豊富なフリーランスのインテリアコーディネーターと提携する方法があります。

フリーランスのインテリアコーディネーターには建築士はもとより、整理収納アドバイザーやカラーコーディネーター、風水設計デザイナー、食空間コーディネーターなど一風変わった資格を併せ持った人が数多く存在しています。

インテリアコーディネートだけでなく、それぞれが自分の得意分野を売りにしているので、他社との差別化を図るにはうってつけといえるでしょう。

自社にショールームやモデルルームがあるのなら、まずはそのインテリアコーディネートを依頼してみるのも良いと思います。

インテリアコーディネーターさんに会社の顔となってもらい、どんどん活躍の場を広げていってもらいましょう。

お知らせ

http:// https://www.facebook.com/reform.muscle.training

・ SNS集客のポイント

・粗利UPを意識できる営業マンの育成法

・良い口コミをもらうコツ

・クレーム防止でリピート獲得

・最新の補助金情報 ・・など

今知りたい情報・ノウハウを配信しております!

「いいね!」コメント、お待ちしております!

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。