オンリーワンが選ばれる!リフォーム会社がオリジナル商品を生み出すコツ|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

他社で扱っていない商品を作って差別化することは、お客様があなたの会社を選ぶ上で大きな武器になります。

皆様の会社では他社との差別化はできていますか?

また、社員全員が会社の強みを把握していますか?

リフォーム会社の差別化戦略とは、他社と差別化された商品を作り、自社の「売り」を明確にして、リフォーム市場でのシェアを獲得することです。

現在はインターネットを使えば、誰でも簡単に様々な情報を入手することができます。

リフォーム会社を探す時も同様で、インターネットで検索すれば多くの会社がヒットします。

たくさんの会社の中からお客様にあなたの会社を選んでいただくためには、自社の特徴をはっきりと伝える必要があります。

目次

「何でも屋」は選ばれない!?オリジナルの強さとは?

近年、数多くのリフォーム会社様がそれぞれの強みを活かして自然素材を使用したリフォームや省エネリフォーム、耐震リフォーム、子育て住宅、健康住宅などを自社のリフォームの特色としてアピールしています。

しかし、現在はどのリフォーム会社様のホームページを見ても、似たようなリフォームメニューが並んでいるので、各社の特色が今一つわかりにくくなっている様に思います。

どれも画一化された内容ばかりで、真の差別化になっているとはいえません。

また、ホームページに掲載しているリフォームを本当に得意にしているとも限りません。

中にはメニューで取り上げてはいるものの、具体的な施工事例がひとつも掲載されていないケースも見受けられます。

あなたの会社と競合他社との間にはどんな違いがあるのか?

あなたの会社を選ぶことで、お客様にはどんなメリットがあるのか?

(これが最も大切なことです)

参入障壁が低く、競合他社が多い中でよくわからないのが現状です。

これからは、他社には真似のできない「オリジナル商品」をつくって差別化を図る必要があります。

あなたの会社しか扱っていない商品があるというのは、それだけでお客様があなたの会社を選ぶ理由になります。

自社の強みを知ることが第一歩!オリジナル商品を生み出す方法

しかし「オリジナル商品」を作るといっても、簡単なことではありません。

では、オリジナル商品を作るにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは自社の強みや得意分野を知ることが大切です。

お客様から「御社の強みは何ですか?」と聞かれて、すぐに答えられますか?

社員全員が同じ様に答えられる会社は、そう多くはないでしょう。

自社の強みはコストなのか、品質なのか、スピードなのか、デザインなのか、サービスなのか・・・。

また得意な工事はマンションなのか、一戸建てなのか、増改築なのか、間取り変更なのか、水回り工事なのか、耐震補強なのか、バリアフリーなのか・・・。

ターゲット顧客は30代なのか、40代なのか、50代なのか、シニア層なのか・・・。

社内にどんな有資格者がいるのか・・・。

他社よりも仕入れ価格が安いのは何か・・・等々。

一度、社内でじっくりと話し合う機会を持つことをおススメします。

しかし、全部が得意というのでは答えにはなりません。

見方を変えれば「何の特徴もない」といえます。

差別化には、特定の業務に特化するといった割り切りも場面によっては必要になります。

オリジナル商品を作るにあたっては、自社の強みを活かすことが最も大切です。

なぜなら、他社に簡単に真似される様なら差別化には繋がらないからです。

最も得意な分野、得意な工事を得意なターゲット顧客に対してアピールすることが重要です。

また、自社だけで商品開発するのが困難ならば、地域で有名な設計事務所とコラボする、高粗利・お値打ち価格の商品をメーカーと提携して作る、家具屋とタイアップしてオリジナル収納を作る、銀行融資と組み合わせる、リフォームの人気メニューをパック化するなどの方法があります。

オリジナル商品を作ったら、ネーミングも忘れずに行っておくと良いでしょう。

これらのあなたの会社でしか扱っていない商品を全面的に打ち出すことで、お客様からの認知度が格段に高まることが期待できます。

オリジナル商品を作ることのメリット

  • 立ち位置を変えて高付加価値をつけることで、競合他社との価格競争に巻き込まれなくなる
  • ブランディングで他社との違いを明確にできる
  • お客様に見つけてもらいやすくなる
  • 社員のモチベーションが上がる

など、長期的視点から見ても非常に効果的です。

そしてオリジナル商品は積極的に宣伝、広報しましょう。

  • チラシ、HPの目立つ場所に掲載する
  • 施工例を数多く載せる
  • メールマガジン、既存顧客へのDM等で広報する
  • オリジナル商品の冊子、提案書、プレゼン資料を作成する
  • 商談時には必ず薦める
  • 見積書に案内を挟み込む
  • リフォームセミナー等で紹介する

出来る限り露出頻度を高めることで、自社の認知に繋がるだけでなく、会話のきっかけづくりやマーケティング効果も向上します。

まだ社内にオリジナル商品がないという方は、是非一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

お知らせ

https://www.facebook.com/reform.muscle.training

・ SNS集客のポイント

・粗利UPを意識できる営業マンの育成法

・良い口コミをもらうコツ

・クレーム防止でリピート獲得

・最新の補助金情報 ・・など

今知りたい情報・ノウハウを配信しております!

「いいね!」コメント、お待ちしております!

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。