自分の「音」に気づいてますか?より良い社内環境のために|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

こんにちは!総務の木田です。

先週末の台風、千葉など関東地方ではかなり深刻な被害が出ているとのこと(´・ω・`)

皆様は大丈夫でしたでしょうか?

幸い神戸では台風の影響はありませんでしたが、厳しい残暑に悩まされています…

この暑さは、もうしばらく我慢しないといけないようですね( ;∀;)

さて、私は4月から総務として勤務しているのですが、

仕事の一つに社内環境整備があります。

備品を整えたり設備の管理をしたり、

社員のみんなが働きやすい環境を整えるという、

地味だけれどこれができているとできていないとでは大違い!という、

大事な仕事です。

その中でも最近悩んでいることがあります。

皆さん、「音ハラスメント」ってご存知でしょうか?

大きすぎる音や耳障りな音を出して、周囲の人を不快にさせることです。

特にキーボードのエンターを押す音や独り言、

足音や鼻をすするといった音が問題になることが多いようです。

この問題が厄介なのは、本人には自覚も悪気もないということ。

わざとやっている訳ではないので指摘されないと気付かないし、

指摘されてもいまいちピンとこない。

時にはハラスメントと言われたことに対して腹を立て、

周囲との関係がこじれるきっかけになることも…

人が生活していれば音が立つのは当たり前。

個人的には、あんまり神経質になりたくないなと思います。

ただ、職場内でうるさいと感じたり、耳障りな音があるのも事実。

特に多くの人がうるさいと感じている音については、

本人に指摘しなくてはいけない…そうでないと、

多くの人にとって働きにくい職場になってしまいます。

でも本人に悪気があるわけではないので、

責めるような言い方になってしまってはいけない。難しいな…と悩む日々です。

一番望ましいのはお互いに思いやりあって、自分の立てる音に気を付けること。

もしかしたら自分の立てる音が人の迷惑になっているかもしれない…という意識をみんなが持つことです。

思い切って、自分の立てる音がハラスメントになっていないかをみんなで省みる時間を取るのもいいかもしれませんね。

生活音に気を付けるのが常識なように、社内での生活音に配慮するのも常識になればいいなと思います。

私も自分の行動を振り返って、みんなの迷惑にならないように気を付けようと思います(`・ω・´)

Pocket