「テレワーク・デイズ2019」ご存知ですか?|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

こんにちは!サポートあらため、総務の木田です。

この度総務部へと異動し、新たな仕事に取り組むことになりました。でも今まで通り、ブログには参加してまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします!

さて昨今、「働き方改革」が叫ばれていますが、こんなイベントを皆様ご存知でしょうか?https://teleworkdays.jp/

政府では、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」として、2017年から働き方改革の運動を展開しています。

今年はオリンピック年前の本番テストとして、7月22日~9月6日までの1か月間を「テレワーク・デイズ2019」と設定し、各企業にテレワークの実施を呼び掛けているとのこと。

LINEWORKSやEvernoteなどのクラウドサービスを利用してテレワークに取り組んでいる弊社としては見逃せない!

…というわけで、さっそく実施団体に名乗りを上げました!

参加方法は、「テレワーク・デイズ2019」の参加フォームに登録するだけ(笑)テレワークの参加は1日だけ、1人だけの参加でもOKです。

ではなぜそんなにテレワークを推進するのか…テレワークの何がそんなにいいのか?

・社員の移動時間や待機時間が減って時間を有効に使える。
・時間の有効活用ができるので、残業時間が減る。
・通勤がなくなるので、身体的な負担が減る。(それによって医療費も減るかも?)
・育児中や介護中の社員でもフルタイムで働ける。人材の有効活用ができる。
・通勤ラッシュの混雑が緩和される。
・オフィスの消費電力削減ができる。
・事務用品の削減ができる。
・交通費の支払いが減る。

ざっとあげただけでも、こんなにたくさんのメリットがあるんです!

社員が自分の希望するライフスタイルに合わせて働けるようになるのはもちろん、会社の経費削減や人材の有効活用、ひいては社会全体のエネルギー削減にもつながります。

とはいえテレワークを始めるには、社内体制の整備や社員への周知など、たくさんの準備が必要です。その点「テレワーク・デイズ2019」はミニマムでの参加ができるので、とても気軽に参加できます。

なんだかテレワーク・デイズの回し者みたいになってしまいましたが(笑)、実際弊社のテレワーク社員を見ていると、朝の出勤に充てるはずの時間を使って1日の業務整理をしたり、妊婦さんでも家で体に負担をかけずに仕事できたりと、それぞれの事情に合わせながら効率よく仕事ができています。ミニマムスタートでお試ししてみる価値は十分にある!

テレワークを社内で活用し、会社全体の効率化を図るための足掛かりとして、弊社と一緒に「テレワーク・デイズ2019」に参加してみませんか?

Pocket