フィリピン・セブ島へ英語留学に来ています!|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

皆さまこんにちは!マーケティング担当の青木です。

実はワタクシ、2月から3か月間、フィリピンはセブ島に滞在して

リモートワークをしながら、英語の語学学校に通っています!

 

去年は1か月ほど、リモートワークと仕事を兼ねたワーケーションでNYに行きましたが、

そこで「やっぱ英語喋れたほうが何かと便利っぽい」と痛感し、今回も代表の喜多に

「英語喋れるようになりたいので留学したいです」と相談をして、前代未聞の

3か月海外リモートワーク&語学留学に挑戦しています。

 

NY滞在時の記事はこちら(弊社運営workstyle-reform.comに飛びます)↓

【リモートワーク実践編!①】NYまで行って仕事してみた ~準備編~

 

セブ島というと、下記のようなリリゾート感が真っ先に思い浮かびますよね↓

私も最初は、仕事しつつ勉強しつつ、休みの日はリゾートでゆっくりして~、

なんと考えてましたが、実際に来てみると忙しくてそれどころでもないです(笑)

 

割と毎週末、ぐったりしながらベットで横になっています。

やはり40歳手前になってからの海外長期生活と仕事・勉強の両立はなかなかハードですが、

それでも、たまの休みにお出かけすると、そこには日本にない風景が広がっています。

また詳しくは帰国後にworkstyle-reform.comに投稿をいたしますので、

楽しみにしていてくださいね。

 

DATAKITへの入社をきっかけに、ずっと行きたいと思いつつもいけなかったNY、

語学留学などをすることができて、毎日が刺激的。いわゆる一般的な会社では、

経験したくてもできないことばかり経験をさせてもらっています。

 

ただ、ホントに”R”と”L”と”TH”の発音がビビるほどできない・・・。

“バター”と”ビター”と”ベター”の違いを延々やらされる地獄のような一時間で

時々、気が遠くなって白目になります。

 

あと、先生は全員フィリピン人なので日本語は喋れず、

英語の説明を英語で行うため、時々、気が遠くなって白目になります。

あと、ホテルから学校までの道のりは、リゾートの雰囲気からはかけ離れてます(笑)

 

とはいえ残りあと二週間ちょっと。しっかり勉強して帰りまーす!

 

Pocket