鳥取には妖怪がいる!?|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

皆様こんにちは!

営業部の伊東です。

 

さてさて今回は出張で鳥取県に行ってきました!

 

鳥取と言えば砂丘のイメージしかなかった私ですが、

米子駅で降りてみると懐かしいキャラクターたちが迎えてくれました。

 

それは・・・

ゲゲゲの鬼太郎の妖怪たち

 

JR境線はゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんの出身地へと続く電車だったのです。

車両にもゲゲゲの鬼太郎のキャラクターが描かれており、私が乗ったのは「猫娘電車」でした。

 

他にはこんな電車も・・・

外装だけでなく、車内のシートもキャラクターの描かれたかわいい?ものでした。

(妖怪だけあってかわいいだけではない感じでしたが・・・)

各停車駅には妖怪の名前がついていて鬼太郎や目玉のおやじ、猫娘が到着駅を案内してくれて、

乗車していた小さなお子さんも「目玉のおやじがしゃべってる!」とハイテンション!
(今の小さい子もゲゲゲの鬼太郎を知っているのには驚きました。)

ちなみに米子駅は「ねずみ男駅」なんだそうです。

私は小学校時代よく図書室で読んでいた漫画だっただけになんだかすごく懐かしい気分になりました。

 

今回はいけませんでしたが終点の境港駅には「水木しげるロード」という観光地があるとのこと。

次回は是非足を運んでみようと思います。

 

今までは鳥取へは車でしか行ったことのなかった私ですが、電車で回るのって楽しいなと感じた出張となりました。

 

暖かくもなってきたことですし、皆様も電車に揺られて日常とは少し違う「妖怪たちのいる街」を体験してみてはいかがですか?

 

 

 

Pocket