アプローチブック(会社紹介)|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

さて前回はアプローチブックを作ることの必要性についてご案内してきました。

 

しかし、いざ作ろうとすると、どんな項目を標準化すればいいのかわかりませんね?

 

そこで本号からは会社紹介、工事紹介、ニーズと三つのテーマでご案内いたします。

 

お客様にアプローチをする際、まずは自社のことを知ってもらうことからスタートしましょう。

 

リフォームを依頼に来たお客様には不安があります。

 

思ったモノが提供されるのか?

 

そして・・本当にあなたの会社を選んで大丈夫なのか?

 

そういった不安を解消するために会社紹介は効果があります。

 

ポイントは・・

 

  • 自己紹介
  • 会社の成り立ちや想い
  • 新聞などに掲載された実績
  • 企業理念・ミッションステートメント
  • スタッフ紹介

 

などを盛り込んでみましょう

 

人は「分からない」ことに不安を感じます。

 

あなたの会社のことを知っていただくことで不安を解消していただきましょう。

 

そして、盛り込む際の工夫も大切です。

 

人は文字情報より絵や図の方が印象に残りやすいといわれていますので、絵や図を積極的に取り入れましょう。

 

アプローチブックの工夫次第では、HPの会社情報とはまた違った印象をお客様に与えることができます。

 

是非工夫してみてください。

 

Pocket