AIのゴーストライター|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

いつもお世話になっております!

データキットの銀河帝国皇帝こと浜野です。

少し近況報告をさせていただくと・・・
最近は、SAKSAKのご提案を行う業務ではなく
様々なクラウドツールを提案し、業務改善のお手伝いをする
「クラウドインテグレーション事業部」でお仕事をしています。

住宅業界のお客様に限らず、
あらゆる業界のお客様のご相談に乗ってか、課題に合った解決策を考えるのは
難しいながらもやりがいのある、とても楽しいお仕事です。

私たちクラウドインテグレーション事業部がどんなことをしているかは、
こちらのブログサイトをご覧いただければ幸いです。

わたしらしい働き方へ 神戸ワークスタイルリフォーム

 

ところで話は変わりますが、

ブログを書くのって本当に難しいですね・・・。

このブログを担当している諸先輩、後輩の皆様には頭が下がります。

釣りしたりiPhone買ったり台湾行ったり、アクティブで羨ましいかぎり。

 

そういえば以前、似たような記事を書いたことがありました。
ブログのネタの探し方。|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

 

とはいえ、なかなかネタ探しも上手くいかないときってあります。

そんな時は、AIに丸投げしてみませんか?(笑)

 

なんと、イギリスの大手一般新聞「ガーディアン」誌が

AI(人工知能)による自動文章作成ツールを紹介しているのを見つけてしまいました!

 

New AI fake text generator may be too dangerous to release, say creators | The Guardian

 

今回紹介されている自動文章作成ツール「GPT2」は、

あの自動運転車などで有名なテスラ社のイーロン・マスクらが出資するOpenAIという

非営利AI研究組織が開発したものです。

 

記事内で紹介されている動画によれば、

「人間がテーマとなる冒頭文章さえ書けば、あとに繋がる文章はGPT2が違和感なく生成する」とのことです。

 

 

ガーディアン誌によれば、このGPT2は長い文章構成でも荒れることなく生成できるうえ

約1000万件以上もの記事をデータとして取り込んで精度の高い文章を作成するということです。

 

素晴らしいですよね!!これさえあればもう記事を書く必要は無い!!

 

ところが・・・私のような邪な考えを持つ者が現れるのを予期してか、

OpenAIは、「悪用された場合に生じるリスクが高すぎる」として

技術的な詳細を論文で公開することを延期してしまいました(笑)

 

いやー残念。

とはいえ、こういった技術の進展は様々な効率化に貢献します。

今でこそ高額なAIなどの技術も、このような発展に伴っていずれは価格が減少していくでしょう。

 

いずれ来たる超効率化時代に向け、わくわくが膨らむ技術です。

今後が楽しみですね!

Pocket