はじめまして!|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

皆様、初めまして!
サポート新人の善積と申します。

DATAKITに入社して約三か月が経ちました。
元々事務経験もないので、パソコンでの業務に悪戦苦闘の毎日ですが、
優しく頼もしい先輩方のご指導と、お電話をくださるお客様のありがとうの言葉に
日々励まされております!

皆様により良いサポートをご提供できるように日々精進してまいりますので
よろしくお願い致しますm(__)m(深々)

 

ブログを書くのは10年ぶり!?くらいなので何を書けばいいのか途方に暮れてしまいますが、
先人の方々の伝統を踏襲して、私も行ってきましたシリーズを披露したいと思います(笑)

先日、秋の深まりを感じる京都に行ってまいりました(`・ω・´)ゞ
まず訪れたのは鈴虫寺。

正式な名称を「妙徳山 華厳寺」といい、秋だけでなく四季を通じて
鈴虫の音色を聞くとが出来るので鈴虫寺の愛称で親しまれています。

境内に入ると鈴虫の音色が響き渡る部屋に通され、
鈴虫説法と呼ばれる住職のお話が始まります。

説法というとどこか堅苦しく感じられますが、
ユーモア溢れる住職による説法はまるで落語のような愉快さ!

鈴虫の声と住職のありがたいお話に聞き入る30分は現実から切り離された、
ゆったりとした時間が流れていてたいへん穏やかな気持ちになりました(´▽`*)

説法を拝聴した後は、幸福地蔵さんへお参り。
普通仏さまはみな裸足ですが、こちらの地蔵様は日本で唯一わらじを履いています。
なぜかというと、お地蔵様がお参りした人々の下を訪れ、
願いを叶えに来て下さるからだそうです!

なので願い事をする際も、まずは自分の名前と住所を唱えてからお願い事を唱えます。
私もバッチリ住所と名前を宣言してきましたので、お地蔵様の訪れを心待ちにしています(笑)

 

鈴虫寺を後にして向かったのは嵐山。

秋真っ只中の京都といえばはやはり紅葉ですよね!

ふと目をやればいたるところに赤く染まりゆく木々達がちらほら。
緑から赤へのグラデーションが美しく、鳥居の朱色とのコントラストが趣があります。

締めくくりにはいわゆるインスタ映え~(笑)な古民家カフェでまったりして、
充実の京都旅になりました(/・ω・)/

いにしえと現代の入り混じる京都はいつ訪れても新鮮で、目に楽しく、心躍りますね♪
皆様もぜひ、秋の京都へ。(平日推奨ですw)

Pocket