テレワークを開始します!|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

皆さま、こんにちは。マーケティング企画部の青木です。

DATA KITでは今、新しい働き方への挑戦を始めています。
その一環として前回のブログでは、アメリカのNYに行ってワーケーション
(ワーク&バケーション:旅行先で仕事をしながら、余暇を過ごす働き方)を
実施しているとお伝えしました。(前回記事はこちら)

そしてDATA KITでは9月から、本格的に「テレワーク」の試験運用がスタートし、
営業部・開発部ともに数名が、オフィスに通勤しないテレワーカーとして働き始めました。

テレワークとは、ITを活用した場所や時間にとらわれない働き方を指し、自宅で仕事を行う
在宅勤務、顧客先や移動中に仕事を行うモバイルワーク、勤務先以外のオフィススペースで
働くサテライトオフィス勤務などの総称となります。

青木は今、自宅でこのブログの記事を執筆しています。
大阪から三宮へ通勤する往復2時間がなくなり、その2時間をジムに行ったり、
英語の勉強に宛てたりすることができるようになりました。
(できるようになっただけで、まだしていません 笑)

また、先月には優秀な人材を確保するべく、在宅勤務をOKにして
広い間口でWEBデザイナーの採用活動を行いました。
結果、とても高いスキルを持った仲間と巡り合うことができました。

こう書くといいことづくめのようですが、実際の労務管理にはリスクも伴います。

オフィスにいるわけではないので、時間通りにちゃんと仕事しているか見れない。
他の社員とのコミュニーションが希薄になる。テレワーカー自身の仕事と生活の
境界線があいまいになり、オーバーワークとなりがち、などです。

しかしそこは、その日のタスクを毎朝、全員に宣言することで、みんながみんなの
成果を確認できるようにすることや、チャットツールにより、コミュニケーションを
密にとれるように配慮することなどで、一つ一つ課題をクリアしていけると考えています。

条件を緩和して優秀な人ばかりを揃えればいい、というものではありませんが、
子育てをしながらや、居住地が遠くても家族との時間を大切にしながら、など
色々な働き方を選択できることで、会社にとってもメンバーにとっても、
心地よく成果の高い就労環境を提供できるようになれたら素敵だな、と思いつつ、
DATA KITの新しい働き方への挑戦は続きます。

神戸から、わたしらしい働き方へ。神戸ワークスタイルリフォームというサイトも
立ち上がりました。自社での実践のみならず、これからも皆様にとって有益な
情報をバシバシお届けしたいと思いますので、ぜひ、下記サイトをご覧ください!

神戸ワークスタイルリフォーム

これからも、色々な挑戦を続けるDATA KITを、よろしくお願いいたします!

青木

Pocket