スタジオで商談する|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

ホームページからの集客が一般的になり、
価格で比較されるお客様が多くなったと言われています。

ですが、その中でも、高粗利・高額受注を取られている
リフォーム会社様も多くいらっしゃいます。

・ブランディングする
・オリジナル商品を作る

といった他社との差別化を行い、付加価値を付けることにより
高粗利・高額受注を取っているリフォーム会社様もいらっしゃいます。

ですが、ブランディングやオリジナル商品はお客様に認知してもらう為に長い時間が必要です。
そこで、今回ご案内したい手法は「スタジオで商談する」です。

では、なぜスタジオで商談すると高粗利・高額受注を取れるかというと・・・

 

リフォーム業はお客様の「家のお困りごと」を解決したり、希望を形にする職業です。

プロとしてオススメの商品・工事の提案をしても、
お客様がイメージすることが出来なければ受注に繋げることはできません。

スタジオでの商談は、真新しい商品が直接確認できるので、
お客様は完成後のイメージがしやすくなります。

また、商品だけではなくその場の空気感からも完成後のワクワク感を肌で体感できるので、
「せっかくリフォームするのだから満足するリフォームがしたい」

そう思っていただきやすくなり、結果金額よりも内容重視のリフォーム・・・
つまり、高額受注へと繋げやすくなります。

もし、お客様先での商談がメインでしたら、積極的にスタジオに招致することをお勧めします。

Pocket

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。