menu導入企業200社突破!伸びる企業が使っている一元管理システム

工事管理編

 

課題

経験の浅い営業担当者だと、
実行予算を大きく読み違うことが多く粗利が低い。

リフォーム営業の経験の浅い営業担当者が、現地調査時や見積作成時に材料の拾い
出しや工事に必要な工程を誤って、実際の工事よりも安い金額で見積書を提出して
しまうことはありませんか?

また実行予算の作成時に、商品の発注を誤ったり工期を読み違えて、粗利を大きく
落としてしまうことはありませんか?

経験を積むことで解消される問題ですが、新入社員を戦力化するのに時間がかかっ
てしまいます。

 

SAKSAKの解決策

見積書は上司に申告・承認を得てから提出、
実行予算も上司の承認を得てから発注。

SAKSAKスタンダード以上のエディションには「申告・承認」機能がついています。
見積書や発注書は上司の未チェックのまま次の作業へ進めないようにすることがで
きます。

また、SAKSAKの見積作成機能では、あらかじめ標準的な工事の単価表や見積をあ
らかじめ登録しておいたり、過去に作成した見積書を保存しておくことができます。

これにより、新入社員でも間違いのない見積書を作成することができます。

SAKSAKの関連機能

 

関連システム導入事例レポート

 

同じカテゴリの他の課題

『リフォーム会社業績アップ通信』

リフォーム会社の業績アップ成功事例を配信!!

要チェックのセミナーなどお得情報がゲットできる!!

リフォーム業界に精通したコラムが一足先に読める!!

リフォーム会社業績アップ通信
メルマガを購読する

メルマガ登録ページに遷移します

『リフォーム会社業績アップ通信』

業績好調リフォーム会社の最新経営ノウハウ!!

生産性アップ、コスト削減できるIT活用ノウハウ!!

各種経営セミナーに会員割引価格でご招待!!

リフォームIT経営研究会
会員登録をする

IT経営研究会サイトに遷移します

機能一覧 顧客管理 営業進捗管理 販売管理(工事管理) 入金管理 原価管理 見積作成 定期訪問・点検 タスク管理 カレンダー アンケート記録・集計
製品について エディション オプション・サポート 動作環境
活用シーン別機能 顧客管理編 営業活動編 工事管理編 経営管理編 IT導入編

詳しい資料のご請求はこちらから

お問い合わせはこちら