ロボットに仕事を任せる時代です|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

こんにちは!営業部の浜野です。

 

「働き方改革」というキーワードをよく聞くようになりしばらく経ちました。

ですが、もうそろそろ「古い」と言われそうな雰囲気です・・・

 

今回は、業務効率を大幅にアップして「残業を減らす方法」を提案します。

ズバリ、ロボットに仕事を任せるです。

 

「Winactor」の画像検索結果

 

RPAはロボティクス・プロセス・オートメーションの略称で

「ロボットによる業務の自動化」を目的としたツールです。

 

「ルールが明確」で、「大量に発生する」ような業務が御社にありませんか?

 

例えば・・・

 

  • 様々な業者から様々な形式で請求書が届くが、システムに入力するのが手間

  • 営業資料を作るために毎月Excelを作り上げるのが大変

  • 大量のお客様への請求書を作ったり、入金情報の消込にとても時間がかかる

 

こういった業務は、大量に行うので「時間がかかって大変」なうえ、

入力ミスなどの間違いがおこる」のも面倒なところです。

 

これをRPAに任せることができれば・・・

「時間がかかって大変」

ロボットが瞬時に処理。掛かる時間が1/10以下に。

「入力ミスなどの間違いがおこる」

明確なルールでロボットが処理するため、間違いが絶対起こらない。

 

結果、人間がやることは「最終チェック」だけになります。

ロボットに仕事を任せた分で空いた時間は、

人間にしかできないクリエイティブな業務に充てることができます!

 

かつて、大量で手間のかかる業務はアウトソーシング(外部委託)するのが通例でした。

ただ、アウトソーシングは高額なうえミスや情報漏えいリスクがあり

実施するにはかなり入念な準備と管理フローが必要です。

 

RPAを活用して、御社をよりハイレベルな企業にしましょう。

Pocket