リフォーム産業フェアに出展しました|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

こんにちは!サポートの北山です。

今年も弊社は7/17,18の2日間、リフォーム産業フェアに出展しました。

弊社のブースに足を運んでいただいた皆様、ありがとうございました。

 

・・

と言っておきながら、ですが、

私は現地には行っておりません。

社内で現地メンバーのサポート業務に当たっておりました。

 

具体的なミッションは資料のご希望をいただいた方への発送作業と、

お客様から頂戴した名刺をデータベース化し、当日中にお礼のメールをお送りすることです。

 

現地メンバーががんばって獲得してくれた名刺は300枚以上。

この数を社内のサポートメンバー(2名)でデータ入力するのは大変。。

ほかの業務もあるのに当日中に全て完了するなんて無理!!

 

とお思いになりますよね?

 

ところが

2名で全て当日中に入力完了し、お礼メールの送信まで完了することができたのです!

 

これはデータキットのサポートがすごく優秀!

というわけではなく(笑)

名刺の文字情報を読み取るアプリを使ったからです。

名刺の読み込みアプリは多数ありますが、今回使ったのはwantedlyです。

https://people.wantedly.com/

 

いわゆるOCR(文字認識)という技術を使って

名刺の画像データから文字情報をテキスト化するアプリです。

 

現地の担当が名刺の写真を撮り、即座に社内のサポート担当が確認することで

当日中の対応が可能になりました。

 

実はデータキットでも数年前までは

名刺を見て手入力をしておりました。

これがまあ、大変な作業でした(;´Д`)

 

急いでタイピングするので打ち間違いも増えますし、

多種多様なデザインの名刺から必要な情報を取捨選択することも手間がかかり、

お客様への対応が遅れがちになっておりました。

 

OCRを使えば、会社名、役職、TEL、メールアドレスなどを

自動的に判別してデータ化してくれます。

多少読み取りの精度には難があるため、確認作業は必要ですが、

それでもいちから入力するよりははるかに早く、正確です。

 

こういった便利な技術はこれからもどんどん利用して

業務の効率化とお客様対応の質の向上、スピードアップを目指していきます!

 

リフォーム産業フェアの様子は

次回の弊社季刊誌KITTIMESに掲載予定です。

ぜひご確認ください(*´∀`)

Pocket