工事保険に加入する|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

みなさま、こんにちは。

 

工事中、どんなに注意をしても突発的な事故は起こります。

作業ミスはもちろんのこと、自然災害や資材が盗難に合うなど

どれだけ注意をしていても、そのような事故は絶対起こらないとは言い切れません。

 

また、リフォームではお客様が住んでおられる中で工事をすることもあるので、

予期せず施工箇所以外の場所を傷つけてしまうという場合もございます。

 

ではこのような工事に伴うさまざまなリスクへの対策はどうすればよいでしょうか?

それには、工事保険に加入することをお勧めします。

 

工事保険には、建築や資材など、工事の目的物にかける補償や、

作業中や第三者の物を壊す、人にけがをさせたなどの賠償事故を補償するものなど

さまざまなものがあります。

 

現在、ある一定のリフォーム工事では原則義務化されている瑕疵保険なども、

お客様のために必要な保険といえるでしょう。

 

工事中、或いは工事後に補償が発生した場合、せっかく工事で粗利を確保していても

結果、赤字工事になってしまったという事にもなりかねません。

 

万が一に備えることは、企業としてはとても重要な事です。

もし現在、特に保険に入っていないのでしたら、検討してみてはいかがでしょう?

 

お客様・業者さん・従業員が安心して

工事を行うことができる環境を作って行きましょう。

Pocket