成績順位も粗利で|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

こんにちは。

 

粗利管理の重要性は分かっているが、なかなか浸透しない。

なんてことになっていませんか?

 

「粗利の管理をしっかりとしていこう」としても

担当者の意識をすぐに変えることは難しいのが現実です。

 

そこでご提案です。

粗利で成績順位をつけてはいかがでしょうか?

営業からすると、受注金額の大きさは分かりやすいため、

どうしても、そこに意識が向いてしまいます。

 

また、会社としても受注額の大きさが重要なのは言うまでもありません。

ですが、粗利はもっと重要です。

 

小さな工事で粗利を積み上げていても、

大型工事一つの赤字で、全てが吹き飛んでしまう

といったケースは珍しくないからです。

 

このように、高売上=高粗利とは限らないのです。

 

担当者別で、粗利の成績順位を出してみると、

もしかしたら今までと順位が変わるかもしれません。

ですが、これにより各担当者の傾向もわかり、担当者の粗利への意識が変わってきます。

 

具体的には

・見積の段階から粗利を意識するようになる。

・予算を抑えるために各作業の内容を意識するようになる。

・完工まで粗利が落ちないよう意識するようになる。

・安易な値引きをしなくなる。

 

といった変化がみられるでしょう。

そうして、「粗利益が重要だ」という意識が浸透していきます。

 

現在、成績順位を受注額で出されているようでしたら、

成績順位を粗利額で出してみてはいかがでしょうか?

 

SAKSAKなら粗利益額で受注成績順位を出すことができます!!

Pocket