完工引渡書を交わす|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

こんにちは。

 

引渡後の手直し工事による粗利低下はありませんか?

また、手直し工事がなかなか終わらず工事が長引いたということはありませんか?

 

こういった問題を解決するためにはどうすればよいでしょうか?

 

それは、「完工引渡書を交わす」ことです。

 

引渡の際に、お客様と工事個所を確認しながら、引渡書を交わすことによって、

工事がきちんと完了していることを双方が認識することができます。

 

つまり引渡書を交わすことによって、初めて工事を完了させたことになるのです。

 

しかも、もし不備があった場合はその時点で迅速に対応できます。

万が一、後日見落としからくる不備があった場合でも、一度双方で確認しているため

大きなクレームになりにくく、別料金がかかる場合はきちんと説明することで

別途ご料金をいただくこともできます。

 

何より、お引渡書にサインすることでお客様の方にもきちんと引渡して貰えたという、

実感と納得感が得られます。

ご納得いただいた上で完工金のご案内ができますので印象も良くなります。

 

引渡書を交わすことによるメリット

・責任の所在を明確にして区切りのない手直し工事による粗利低下を防ぐ

・補償工事と有償工事との区別を明確にする

・完工金の入金を促す

 

まだ引渡書を活用していないのなら・・是非活用することをおススメします。

SAKSAKでは数クリックで引渡書の印刷ができます。

Pocket