SAKSAK|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

先日、弊社の新人営業君の商談に同行しました。

 

彼のプレゼンを見ながらふと・・

 

やっぱりうちのシステム「SAKSAK」はいいシステムだなぁって・・

 

自画自賛ですが(笑)

 

私が入社して、9年目になります。

 

こんなに長くお仕事が好きでいられたのも、
SAKSAKとそれに携わってきた仲間が好きだったからこそなんだと思います。

 

SAKにはたくさんのお客様の声と、
これまで真剣に作ってきた社員の想いがいっぱい詰まっています。

 

そんなSAKSAKは、以前からよく真似されてきましたし、
最近ではエッセンスを取り入れて作ったシステムも目にするようになりました。

 

でも圧倒的に違うもの・・

 

それは、一部のモニターさんにお願いして作ったものではない・・

 

本当に沢山のユーザーさまのお声、
そして、自社の製品を愛してやまない
デーキットの社員の手で作られてきたことでしょう。

 

商品は確かに売れてナンボです。

 

そこにニーズが無ければ成り立たないでしょう。

 

でも、売れるモン作ればイイっていうだけは
ちょっと違うのかな?って思います。

 

その商品に命が吹き込まれなければ、
やっぱり長きに渡り愛されることはないのかもしれない。

 

消費者受けする目新しい商品はどんどん世に出てきて
いっときは流行るけどそのうち消えていくことは多い。

 

ユーザビリティは外せないでしょうが、
そこに関わる多くの人の手や想いがこもるからこそ、
長く愛されるんじゃないのかな?

 

新人君がプレゼンする「SAK」を見ながら
改めて自社の製品への想いを再認識できた良い時間となりました。

 

Pocket