粗利低下を自覚する|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

こんにちは。

受注から完工にかけて粗利が低下するということはございませんか?

粗利の低下はリフォーム業界全体の傾向としてあります。

 

もう一つ質問です。

 

粗利が受注から完工のどの段階でどの程度低下しているか把握していますか?

低下したタイミングが分かれば粗利の低下を防ぐ対策がとれます。

 

粗利低下のポイントは大きく分けて以下の3点があげられます

・契約後改めて実行予算を作成した時

・発注をする時

・支払いをする時

 

粗利低下の改善といっても段階によって改善方法が変わります。

 

適切に改善するには粗利がどのように推移しているかを

数値で明確にすることが重要です。

 

例えば、契約後に実行予算を作成する段階で粗利が低下しているなら

見積が「あまい」ということになります。

 

それが毎回のことなら担当者に対して

見積作成の方法を指導することによって粗利低下を防ぐことができます。

 

このように原因を突き止め、改善することで粗利低下を防げるようになります。

 

粗利低下を改善する際は、粗利がどの段階でどの程度低下しているかを

数値で把握することから始めてみてはいかがでしょうか?

 

SAKSAKでは案件ごとに粗利の変動を数値でご覧いただく事ができます。

Pocket