実行予算をベテランがチェックする|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

工事中の粗利率低下で困っていませんか?

  • 工事中に追加・変更が発生しやすい
  • そもそも受注粗利率が低い
  • 完工時に粗利率が低下してしまう

 

こうした問題の原因は実行予算にあります。

 

見積金額は責任者や店長がチェックをしなくてはなりません。

さらに、契約になった後に実行予算のチェックを徹底しなくてはいけません。

 

同じ工事でも担当者や発注先によって金額が違うということ良くあります。

一件当たりの金額は小さくても会社全体では大きく粗利額が変わってきます。

 

解決策は・・・

 

「ベテラン社員が予算をチェックする」

ことです。

 

ベテラン社員が予算をチェックして連名で発注書を作成する

だけで粗利が変わってきます。

 

さらに

・見積では別々の原価だったがまとめることによって安くなる
・人によってのばらつきがなくなる
・適正価格で取引先に発注することができる

 

また、リフォームでは内容が変更になることは多々あります。

追加予算もきちんとチェックするようにしましょう。

 

見積は社内で共有されている企業が多くなってきましたが、

実行予算の共有がまだでしたら、できる仕組みを作りをおすすめします。

Pocket