桜の通り抜け|住宅リフォーム経営コンシェルジュ

Pocket

こんにちは!サポートの北山です。

今週の春の嵐で神戸の桜はすっかり散ってしまいました。

毎年のことながら、桜の開花に一喜一憂していると「日本人だなあ」と思いますね。

 

今年のお花見は関西では有名な大阪造幣局の桜の通り抜けに行ってきました。

毎年、桜の時期に1週間ほど大阪造幣局の敷地が一般開放されるイベントです。

関西では「通り抜け」というだけで通じるくらいメジャーなお花見スポットで、

今年もたくさんの人でにぎわっていました。

外国人の方もたくさんいらっしゃって、あちこちで桜の撮影を楽しんでいました。

 

なお、お花見といっても、その名のとおり敷地を通り抜けるだけで

シートを敷いてお花見弁当というわけにはいかないのでご注意ください。

 

桜というとソメイヨシノをイメージされる方が多いと思いますが、

こちらの見所はなんと言っても桜の品種の多さです。

なんと133種もの桜が咲き誇っています。

赤紫や白、黄緑色といった珍しい花を咲かせるものや

豪華な枝垂桜、小さいバラの様な可憐な花を咲かせるものもあり、

その多彩さに驚かされます。

 

s_DSC_1167s_DSC_1174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、各々の桜には品種名を書いた木札がかけられており、風流な名づけも見所です。

天の川や楊貴妃、胡蝶といった美しい名前をつけた人の思いに心を馳せます。

またこれだけたくさんの品種が生まれるほどに

桜が長年愛され、文化に根付いているのだなとしみじみ思いました。

 

たくさんの品種の中で私が気になったのは・・・

s_DSC_1168

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(鉄人)衣笠です。

カープファンならきっと反応するはずです(笑)

 

こんな風に一日桜を楽しみ、川辺でのんびりしていたら

風邪を引いてしまいました(´-ω-`;)

 

まだまだ朝晩は冷え込みます。

皆さんも体調には気をつけましょう!

 

 

Pocket